人気ブログランキング |
<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
100tボディ
b0189039_23235524.jpg


キン肉マンの顔に継ぎ足されるアイテム。「100t」ボディはご愛嬌。

最近は体に毛を描くのが画伯のブームだそうです。目からはオレンジ色のビーム光線が...「上手に描けてる♪」と喜ぶママも、毛やらビームやら書き足され、「せっかく上手く描けたのに~!」とトホホ顔。

今日は久しぶりにキン肉マンの主題歌を歌いました。画伯もテンション急上昇。「おばちゃんはテリーマンが好き、新幹線とめちゃうんだよ。すごいよね~」「そうだよ、テリーマンは子犬だって助けたから偉いんだよ!」なんて会話も。そういや、吉野家の牛丼を知ったのは「ぎゅ~どん一筋♪」からだったなあ。懐かしい。





2分48秒からどうぞ。すばやく犬を救えば、新幹線を止める必要もないよね...ってコラー。
by etcaetra | 2009-07-31 23:44 | ふりかえりがたり
ぐでん
b0189039_2121244.jpg


猫がぐでん。私もぐでんぐでん。東京は朝っぱらから暑い日になりました。

「エアコンをつけないで、いつまで耐えられるか!」なんてことをしています。窓を開け、濡れふきんを下げ、ダブル扇風機攻撃をしても汗は止まらず、一日にタオルを三枚は使い倒します。洗濯物が増えて水を使う量が増えるなら、電気代を節約できたところで、本質的な節約でもエコでも何でもないなあ、などと。うーむ。ムツカシイ。

爽快シャワーといくはずが、家にあった入浴剤をうっかり入れてしまいました。薔薇の香り、ヒアルロン酸だのコラーゲンだの、ムンムンとろっとろのお湯...湯上りぷるるんお肌なのは良いけれど、夏日には向かない。しっとりムードを醸し出す香りで私の落っこちてた気持ちが、また底を掘り始めたじゃないか!しょぼーん。気を取り直して畳の上でふたたび、ぐでん。

明日は薄荷のスースー風呂にしよう。めちゃ寒なヤツ!
by etcaetra | 2009-07-30 23:02 | 猫の手紙
美的 2009年9月号
b0189039_17205417.jpg

現在書店に並んでいる「美的」9月号に、通っている写真教室が紹介されています。私の写真も生徒作品として載せてもらいました。やっほー:-)

NADAR/SHIBUYA355の教室はレンズやカメラの指定がありません。私はフィルムの一眼レフを持っていってます。デジタル一眼やコンパクトカメラを使われている方もいらっしゃいます。様式にとらわれず、まず撮るために一番に知るべきことを丁寧に、かつ簡潔に教えてもらえるので、「自分の手持ちのカメラでもっと楽しみたい」という方には特にお薦めです。私はただいま中級を受講中。苦手な室内撮りをどうにかしたい!と。汗。

残念ながらこの教室は女性限定。最近は写真教室でも、女性限定のものが多いですね。こういう時は「女で良かった」とか思っちゃいます。笑。ごめんね、メンズ達。

NADAR/SHIBUYA355 http://nadar.jp/ (私はこちらの東京の教室に通ってます)
Akiko Takai portofolio site http://www.akikotakai.com/ (写真教室の先生のサイトです)
美的 BITEKI.com http://biteki.com/

九月にある教室の修了展にも参加します。またこちらでもお知らせします。お時間ある方は是非見に来てください。よろしくお願いします!
by etcaetra | 2009-07-28 17:20 | ふりかえりがたり
わたしの一枚、あなたの一枚
ロケハン中に偶然お会いした皆さんが、土曜の撮影会に誘って下さいました。「誰かと一緒に移動しながら撮れるもんなのかな~」と不安を持ちつつも、面白そうだったので参加してみました。友達と二人三人で、というのは何度もあるけど、本格的な撮影会に参加するのはこれで二度目。

皆さんが何を撮られるのか気になるんですよね。毎日一人で歩く道を誰かと一緒に撮りながら歩く、ってことは他人の視点を同時に沢山見られることでもあるわけで。「ほほう、こういう所を撮りますか!」とか「そこではよく撮るけど、そんなにしゃがんで撮ったことないな」とか。人が撮った後を追いたくなりましたが、その衝動を抑えつつまずは自分の目で撮らねばならんのです。ふむー。

友達と出来上がった写真についてあれこれ。まず自分でフィルム一本分のプリントの中から好きな一枚を決める。その同じプリント群から友達が自分の好きな写真を選ぶ、という流れ。

例えば、同じフィルムで撮った36枚の中から私が選んだのはこちらです。

b0189039_16122894.jpg


枝と葉の影、枯葉、鎖の輪っかの影が一枚に。自分の足元や植物の影は何度も撮ります。鎖の影を撮るのも、これが初めてではありません。その三つが同じスペースに。等間隔に並ぶ鎖の輪を、長い枝があちこちからぶった切ってる。規則的な動きをズバッと何かが邪魔をしている写真が好きなんです。上下をひっくり返すとネックレスみたい...と、くるくる回したりなんかして。

が、彼女が選んだのはこちら。私が「これはちょっと」と真っ先に候補からはずした写真を、彼女は見事に「私はこれのこんなところが好き!」と選んでくれたのです。

b0189039_16363162.jpg


ぼけた背景の写真が好きな友達は、浮かび上がる枝葉が気になったそう。そして、白黒のこの写真を見て、「この葉っぱはどんな色してるんだろうな、と想像した」と。私は「カラーで撮った方が良かった」という理由で候補からはずしたのに、彼女は「どんな色をしてるか見てみたい」と一枚に選んだのです。そうか、そういう手もあったか!なんて。笑。彼女の写真でも同じことをしたのですが、これまた「自分ではこれは選ばない」な一枚を、私はベストとして選んでいたわけで。

ブログやHPに写真をアップする時、自分が好きなもの気に入ったものを選ぶことが多いはず。失敗作と感じられるものをわざわざ「公に晒したい」と思わないじゃないですか。でも、自分がイマイチと思う写真も、他人の目からは「いいな」と感じられるかもしれない。たった一枚でも、人によって捉え方は様々。それを頭では理解できていても、実際に意見として聞かせてもらう機会ってなかなか無い。貴重な意見、発見でした。
by etcaetra | 2009-07-28 16:34 | 写真まわり
完全無防備
22日の日食を前に、木漏れ日写真をどこで撮ろうか近所をカメラ持ってうろうろしていた連休最終日。公園では親子がキャッチボールをしていたり、ベンチでおじさんがギターを弾いていたり、ご老人がゲートボールの球をまっすぐ打つ練習をしていたり。あちこちで皆が思い思いに休日を過ごしていました。

木漏れ日や枝の影を普段からよく撮るので、頻繁に立ち寄る場所で試し撮り。一息ついたところで、そばを四人組が通りかかる。それぞれがカメラを肩にさげたり手に持ったり。「ここで撮る人に会うのは大雪の日以来だな~」としみじみしていたら、そのうちの一人が「青空お届け人@coffee caraway」を観に来てくれた方だったので驚きました。「撮って図書館行って帰るか」の予定でしかない私は、髪も顔も服も全て適当...四人のうち二人は初対面メンズときたもんだ!完全無防備な私は、やや冷や汗気味。眉毛描いておいて良かったー。

偶然出会った四人さんはbbfという35mm二眼レフカメラで撮った写真を展示されます。フォトカノン戸越銀座店にて7月24日(金)から8月5日(水)までです。25日(土)には撮影会がありますヨ。http://blog.photokanon.com/?day=20090721(写団 color feverさんのブログ http://www.color-fever.com/blog/

私は二眼レフを扱ったことがないのですが、次号の「大人の科学」では35mm二眼レフカメラがテーマだそうです。組み立てられるか一抹の不安はありますが(そりゃあもう究極の不器用なのでR)、カメラの仕組みを知るのに自力で組み立てるのは役に立ちそう。http://otonanokagaku.net/magazine/vol25/index.html

b0189039_1435739.jpg


ところで、偶然お会いしてから後ですが、写真屋さんまで戻られるということでしたのでご一緒させてもらいました。これはその時に撮った覗き猫。住人以外は人通りが全くない場所、いつもより人間が多めで少々怖かったのかも?ごめんごめん。
by etcaetra | 2009-07-24 01:18 | ふりかえりがたり
ぼんやりナイトテイク
昨晩、車に乗ることがありました。

助手席に座って外の景色を眺めていたら、細い路地の入り口を見つけた。ここで撮ったら面白そうやな、と思っていたら、信号が赤に変わり、ちょうどそのまん前で車が止まった!カメラを取り出し、ガラス越しに撮ってみる。見事にブレる。設定を変えて撮り続けていたら、運転している夫の「信号変わるよー」とともに発進。

これを何度か繰り返し、うまく撮れたと思えるのは三、四枚くらい。デジカメの小さな画面では違和感が無いのに、拡大して見たらブレているのが分かっちゃうわけで。特に夜の独特の色合いは、線がぴったり一本に決まっている方が引き締まっていて好きです。が、これがまたなかなか上手くいかなくて、毎度腕をプルプルさせてます。うーむ。昼夜問わず、三脚使わず決められるように筋トレすべきか。

b0189039_23184353.jpg


スナックの前にいた野良猫。向こう側にもう一匹いて、その子とずっと睨み合ってた。水をさすのも申し訳ないので、早々に立ち去りました。その後、いかがお過ごしで?

「ぼんやりナイトテイク 1」 二枚組 http://etcaetra.jugem.jp/?day=20090705
「ぼんやりナイトテイク 2」 三枚組 http://etcaetra.jugem.jp/?day=20090706
「ぼんやりナイトテイク 3」 二枚組 http://etcaetra.jugem.jp/?day=20090718
by etcaetra | 2009-07-19 22:40 | ふりかえりがたり
祐天寺に青空を

b0189039_2373138.jpgb0189039_2371350.jpg

6月17日から7月11日まで、祐天寺へ青空を届けました。
場所は二月に展示でお世話になったcoffee carawayさん(http://caraway-cafe.hp.infoseek.co.jp)。
お届けしたのは、この空です。http://etcaetra.jugem.jp/?day=20070101


b0189039_23181717.jpg梅雨の合間の青空は、少し雲が多め。飛行機の行き先は、空を見た方々の想像にお任せしましょう。心で旅をするなんて、どうでしょう?猫は空っぽの鳥かごを前にふて寝、逃げた鳥は化けて知らんふりするばかり。さて、いったい何に化けたのか、って鳥でないのもいますけど?あれれ???

期間中は青空古本市をしました。雨降りなのに「青空」古本市とは、これいかに?詳細はこちらをクリック。お買い上げありがとうございました:-)

青空お届け期限は「梅雨明けまで」とゆるい設定。が、搬出の14日、関東では本当に梅雨明け宣言が出されました。スパッと切れ味の良い終わり。祐天寺では既にアイス珈琲が美味しい季節が始まっています。足を運んで空を観て下さった皆様へ、心より御礼申し上げます。ありがとうございました!
by etcaetra | 2009-07-15 23:47 | ふりかえりがたり
写真反省文 「パン焼きの日」
まずはこちら(http://kahoring.exblog.jp/11425148/)を読んでから。

b0189039_1402162.jpg

先日の料理教室で、フィルムカメラで撮ったものです。天然酵母でパンを焼くクラスだったので、主役のパンにピントを合わせ、前菜はぼかしてみました。でもなあ、何だかちょっと変。食べ物全てにピントが均一に合っている方が自然に感じられるかも。テーブルを撮った中では、この写真が一番明るかったです。これでも。

b0189039_1405688.jpg

こちらは料理にピントを合わせてみましたが、逆光なので影が黒々。「その場の雰囲気を伝えたくて」と言えば、それらしく聞こえるかな?ははは。食欲をそそらせる色合いではないです...が、料理そのものは色鮮やかです!キューブに切ったトマトにアボカド、きゅうりがモザイクみたいでカラフル。けいこさんの写真を是非見て下さい:-) http://umikurashi.exblog.jp/10547393/

b0189039_1421399.jpg

飲み終えた珈琲カップをずっと気になっていて、帰る間際にささっと撮らせてもらいました。セッティングしなおさずテーブルに置いてあるままのわりには、自分としては上手く撮れたほうです。リネンの赤いラインとカップの位置が気に入っています。この手の写真には苦手意識があるので、偶然にしてはよく撮れていて嬉しい。

b0189039_1442682.jpg

失敗した花の写真、一枚目。テーブルクロスの赤いラインよりも花をもう少し奥へ置いて、向こう側にあるゴブレットやカップはどかした方が良い。花だけに集中して、もう一枚撮れば良かったな、とも。ゴブレット群は随分ぼけて写っているけど、無い方がすっきりして私の好み。

b0189039_1452496.jpg

失敗した花の写真、二枚目。縦写真で奥行きが感じられる分、ゴブレットもカップもある方が良い。が、いかんせん花にピントが合っていないという致命傷。花瓶の下半分と周辺のテーブルクロスにピントがきています。遠目や画像では分かりにくいけど、プリントそのものを間近に見たらすごく中途半端。背景もあまりぼかし過ぎない方が良かったかも...うーむ。

苦手な物を撮った時ほど見直す作業はしんどいものですが、「自分の未熟な部分が確認できる」と考え直して自分で自分を励ましています。フィルムカメラではデジタルのように、撮ってすぐどんな絵になっているのか見直しはできませんが、「見直せない」というその緊張感がまた良いのかも?...と考えてもみましたが、やはり見直せたら良いに越したことは無いな。とにかく今後も頑張りまーす!
by etcaetra | 2009-07-11 01:00 | 写真まわり
ささのはさらさら
b0189039_2105942.jpg



色とりどりの短冊、輪っかの飾りに惹かれて立ち止まる人々...私もそのうちの一人でした。白い店構えに鮮やな色が引き立ちますね。梅雨の合間の晴れの日に気分爽快。うきうき。

来年展示でお世話になるフォトカノン戸越銀座店です。打ち合わせをした時にキャンドルナイトの話題になり、期間中に七夕が含まれると聞き「笹飾りをやってみるのはどうでしょ?近所に花屋さんもあることだし、せっかくの良い季節なんだし」とお話したところ、本日七夕、お店の前には笹飾り。「やらないと思ってましたよ~」なんてね、企画の方に言ったら「やりましたよー、見てもらえた良かったです!」と笑われました(さ、次は日食写真大会だね、うはは)。

私も短冊に願い事を書いてみました。昨年も一昨年も、冗談半分で「ビッグになりますように」と書いたのを覚えています。おかげで精神的にでもなく経済的にでもなく、ただただ体型だけが随分とビッグになっちまいました。こんなオチはヤやわ、と今年は真面目に書きましたとさ。店員某氏の「食べ物に困りませんように」(だっけ?)ってのも究極で好き。これはなんとも、オクが深イ。

笹に結びに行くかと外へ出ようとしたら、複数の視線を感じる。学校帰りの子供たちが店内を覗いてる。「ぼくもわたしもたんざくにねがいごとをかきたいです」オーラ満点だったので、「おいでよ~」と招いてみました。何を書いたら良いかな、とすごく迷う子も。が、最後は自力で考えて書いてました。なんだかんだいっても、願い事ってあるもんよね。笑。


b0189039_21231882.jpg



お店の中から撮らせてもらいました。キャンドルナイト期間中なので、通りから見える場所に沢山のキャンドルやスタンド。七夕の夜は蝋燭の灯りのもとライブだそうです。キャンドルナイト企画は8日水曜日まで。七夕飾りやキャンドルナイトの様子は、フォトカノンさんのブログでお楽しみ下さい。

フォトカノン戸越銀座店 http://blog.photokanon.com/
by etcaetra | 2009-07-07 20:56 | ふりかえりがたり
オイラのらねこ
b0189039_12561685.jpg


家を長く空けることがあるので、今のところ動物は飼わないようにしています。外出先で柴犬やタキシードの猫ちゃんを見かけるたび、「嗚呼、アナタを連れて帰りたい(...って、他人様のペット!)」を心の中で連呼しつつ、我慢我慢の日々。なので、私が撮る猫のほとんどは野良猫です。

でも!野良猫も、野生の顔立ちが残っているきりっと厳しい子もいれば、人が大好きで擦り寄ってくる可愛い子もいる。それぞれに個性があって面白い。この猫は、ちょっと小さくて見にくいけれど、険しい顔が魅力。可愛げのないところが、良いんよなあ。「なにをムスっとしてんの」なんて呑気に撮ってたんですけど、よく考えてみたら私、睨まれてるのね。ひやひや。
by etcaetra | 2009-07-07 12:57 | 猫の手紙