人気ブログランキング |
<   2009年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
beyond the border
「黒猫ミンク 立ちどまる」と読んだ時、「こうのとり、たちずさんで」という映画のタイトルをぼんやり思い出した。音が似てるな、と。学生時代にこの映画のチラシをもらい、結局観に行かなかった。そういえば...とチラシのストックからダメ元で探してみたら、ありました!びっくり。

b0189039_23314963.jpg


テオ・アンゲロプロス(link)の作品です、とは言え彼のことを詳しくは知りません。裏面のあらすじには国境警備兵の台詞も。「翔んでよそへ行けるか、あるいは死か、それが国境だ」とある。国境、国境、国境...と、ここで思い出したのが先日読んだアゴタ・クリストフの「悪童日記」。

父と双子の息子たち。双子の一人は越境に失敗した父の屍を踏み向こう側へ、もう一人は国境を越えず自宅へ、というところで話が終わってしまう。三部作を原書で借りていて、二冊目も読もうとしたけれど...フランス語で読んでると、悲しいかな前へなかなか進まない。そこで、追加で日本語訳も借りてきました。こんなんやから進歩せえへんねやん、語学!と反省するも、先が気になるので日本語で(ぉぃ)。

「悪童日記」の舞台はどこか、作品中には正確に示されていません。クリストフがハンガリー動乱からの亡命者であることや、終戦後「統帥者の写真が、至る所に掲げられている」という表現が出てくることを考えるとハンガリーではないか、という解釈を読みました。「統帥者」とはスターリンのことだろう、と。





スターリンで思い出すのは、ショスタコーヴィチの四番(link)です。これが作曲された頃はスターリンが粛清を活発に行っていた時代、ここまで前衛的だと目をつけられそうで怖いなあ。実際、ショスタコーヴィチはこの曲の初演を取りやめ、その後何年も演奏されないままだったそう。

私がこの曲を初めて聴いたのは、十年もっと前にN響アワーもしくは芸術劇場で。力強さと奇怪さが同居する不思議なメロディが凄く気持ち悪くて、次の日CDを買いに行きました。「コワイモノミタサ」の感覚に似たもんなのかも?私は、この独特のおどろおどろしい所も好きなのですが...
by etcaetra | 2009-06-29 23:41 | ふりかえりがたり
黒猫ミンク 立ちどまる
東京大丸。エスカレータに乗ろうとしたところで、この一枚を渡される。

b0189039_15515562.jpg


絵を描かれたのは高橋行雄さん。黒猫ミンクは高橋さんが飼われていた猫だそうです。作品が鉛筆で描かれているなんて、信じられなかった。向こう側にいる猫たちは、まるで本物。今すぐ動き出しそうな子もいれば、静かに熱い視線を送る子もいる。DMを頂いて最初に見たとき、写真かと勘違いしてしまいました。実家にいた頃、私に一番よく懐いていた黒白猫にそっくりな絵を見つけた時は、「クーちゃん!」と呼びかけたくなるほど。

高橋行雄 猫の絵画 パリのアパート http://mink193.hp.infoseek.co.jp/
高橋さんのホームページでは作品が観られます。モデルになった猫たちの写真やエピソードも。ミンクは23歳の長生き猫さんでした。絵も沢山描いてもらえて、幸せものだなあ。

b0189039_1433229.jpg


私からはのらくろにゃんこを紹介します。同じ黒猫でも目元が違うだけで、表情から受ける印象も変わってきますね。テロンと足を伸ばし、しなやかに昼寝中のところを一枚撮らせてもらいました。あら、起こしちゃいましたね。ゴメンナサイ。
by etcaetra | 2009-06-27 16:44 | 猫の手紙
前略、渋谷より
繁華街を歩き慣れていない私にとって、高層ビルも車も人もいっぱいの場所にいると溺れてしまいます。ブクブクブク。大量の人の往来も苦手だし、ひとり道に迷ったヤな記憶も甦るし。てなわけで東京11年目にして未だ苦手なのは池袋、新宿、渋谷。受講してみたい写真教室を見つけて一瞬悩んだ理由も、ギャラリーが渋谷にあるってことなわけで。地図を片手に「ちゃんと辿り着けるんか?」と不安だった授業初日を今でもよく覚えています。

が、私はもうイイ歳した大人なんだな(うはははは)。週に一度通えば、さすがに「ザ・都会」な景色も見慣れてきました。往復の道すがらごっつい建物、車や人の大群、あちこち向かう道路に薄暗い裏道、落書き、東横線のホーム...「こんなん撮ってもおもろいやん」と発見も沢山あります。

b0189039_204330.jpg


授業が始まる前の夕方、渋谷の空。もう三ヶ月通うので、その間に少しでもええもん撮れたらええなあ。

「隙間」 二枚組 http://etcaetra.jugem.jp/?day=20090624
by etcaetra | 2009-06-25 22:03 | 写真まわり
みどりのくに 3
緑の色合いが気に入っている二枚を「みどりのくに」(http://etcaetra.jugem.jp/?day=20090515)とタイトルをつけて紹介してから緑色を意識して撮るようになり、頭ん中に幾つかある「見つけたら撮る」というテーマの一つに加わりました。

例えば植物、葉っぱや草、落ち葉。同じ場所、同じ時刻に撮るとしても、快晴と曇りと雨上がりとで色合いが随分違います。特に梅雨の時季は、雨上がりに撮るのが面白いです。普段目にしている色よりもより濃く深まっている分、全体的にややダークな風景に。どうやって撮ろうか悩むことも多いですが、水を得て生き生きしている植物を目の前にテンションが上がると、そんな悩みもあっという間に忘れてしまいます。ああ、単純。

b0189039_1119.jpg


上にある一枚は完全に露出オーバー。故意にオーバーにしたのではなく、内蔵の露出計が動かなくなりシャッター速度も調整できなくなったので、「あらら」と半ば諦め気味にカメラ任せに撮ったもの。同じ緑色といっても「みどりのくに 3」のように雨上がりに撮ったものとは全くの別物だし、見る側が抱く印象も異なるはず。

ここでは植物に限って書きましたが、被写体を決めず、自分の好きな色を一つ決めて何でも撮ってみる。カラーで撮るこだわりの一つに、こんなのいかがですか?

「みどりのくに 3」 二枚組 http://etcaetra.jugem.jp/?day=20090615
by etcaetra | 2009-06-24 01:37 | 写真まわり
劇的に驚き!?
20日土曜の夜、ザッピング。BS JAPAN。

柳澤寿男さんのドキュメンタリー番組「戦場に音楽の架け橋を」(http://www.bs-j.co.jp/kakehashi/)が終わるところでした。バルトークの「ルーマニア民俗舞曲」が演奏される様子が流れ、曲の出だしからハッと心をつかまれて聴き入る。二曲目はテレビ番組やコマーシャルで聴いたことがあり、「バルトークかー」と能天気にふむふむ聴き続けてきて驚いた!曲の後半、聴いたことがあるも何も、「劇的ビフォーアフター」そのものが流れてきたのです。何故?




柳澤さんが指揮をされているコソヴォフィルの動画ではありませんが、上にある動画だと4分を過ぎたあたりのポルカから後、聴きながら思い浮かぶ絵は家の壁をぶち壊したり、床を引っぺがしたり、匠がフフフと笑いながらアイデア家具を製作していたり...てっきり松谷卓さんが一から作曲したものだと思っていましたが、原曲はここに。

オケの他にもピアノ、ギター二本、ピアノの伴奏でバイオリン、フルート、パンフルートなど編曲され、色んな楽器で演奏されているようです。YouTubeで検索して気に入っているのはタラフの演奏。楽器や編成が違うと曲の印象も随分変わります。と、試しにタラフの最新ディスクを検索したら、曲目リストの七番目に「ルーマニア民俗舞曲」とばっちり書いてありました。あらら。





で、バルトークとは全く関係ないんですけども...

...more
by etcaetra | 2009-06-22 22:32 | ふりかえりがたり
六年ものの味
b0189039_23582271.jpgb0189039_23583481.jpg

千歳船橋に入院していたカメラの修理が終わり、引き取ってきました。

レンジファインダは専用の電池アダプタを買わないと動かせないので保留。「まずは一眼レフの試し撮りだな」と思っていたところで、祐天寺で「期限が迫っているから」とコダックのフィルムを安くで譲っていただく。Nadarの林さんからもコニカのフィルムを。最近、ほんとフィルムが高くなって、以前よりも気軽に買えないだけに運が良かった。やほーい。

と喜んでたら、林さんから「使用期限、2003年だけどね」という補足。ほほう、六年ものですか。熟成されて円やかな色合いに...なるかどうかは分かりませんが、100%お気楽モードで近所を散歩しながら撮ってみました。とにかくカメラがちゃんと動くか、まずはそれをチェックせなならんのです。

で、こんな感じに撮れました。カメラ、レンズともに調子よく動いているし、六年もののコニカも綺麗な写り。問題なし。ニコマート持ちにこのカメラは軽いです。肩が楽ちんだー。


b0189039_018846.jpg



風が強く、静まる気配がないので、中腰でカメラ構えてファインダ覗いて風が止むのを待って、やっと撮れた一枚。緑のながーい茎に注目したい、と思って色々試すも納得いかない。中途半端で上手く伝わらなさそう、と開き直って花に焦点を合わせました。が、真っ直ぐに伸びる緑色の線のほうが目立っているような。

この花の名前が分からないのです。こうやって茎の真っ直ぐに伸びている様を描いた絵画があって、撮る時にそれを思い出し、横から縦に構図を変更しました。日本画か洋画か、絵を描いた人の名前も絵の名前も思い出せず...どこかで実物を観てるはずなんだけどなあ。むむむ、わからん。残念。
by etcaetra | 2009-06-22 00:49 | 写真まわり
古本市がやってきた!
青空古本市とは...梅雨の雨降りでもお店の中は青空写真。その青空の下で古本市をやったら、ほおら「青空古本市」の出来上がり♪という魂胆だったのですが、運が良かったのか空が気まぐれなだけなのか、今日は久しぶりに良いお天気で、ひねりの無い、ある意味ホントの「青空」古本市となりました。お天気、こればかりは予想外。

b0189039_2272252.jpg


今回ご一緒したべっちさんがお持ちになった本です。「天然生活」や「天然生活インテリア」、料理書、インテリア雑誌が並びます。「天然生活」は100円、それ以外は全て200円です。書店で一度は手にしたことのある本が沢山ならんでいます。全てがツボだー。自分んちの書庫のスペースを増やしたくて古本市をしているのに、気になるものを幾つか絞り、悩んで一冊に決めて購入。写真雑誌を買いました。わーい。

べっちさんが紹介している本・雑誌はインテリア関連のものが多め。家具やクラフトに興味のある方、「天然生活」のバックナンバーを揃えたい方にお薦めです。

b0189039_22141756.jpg


こちらは私が持ち込んだもの。文庫や単行本、雑誌、料理書、ビジュアル本、ミニコミなど雑多です。入り口近くにある雑誌二冊は、「店内だけのお楽しみ」での参考出品。「オレンジページ」と「LEE」の創刊号です。非売品扱いですが、店内でお読みいただけます。雅姫さんも久保京子さんもいない「LEE」の総力特集は「フリオ・イグレシアスのマイアミ自宅ご招待」だったりします。20年以上前の内容に、昭和生まれは懐かしさ満点になるのは間違いありません!

今回、大橋歩さんの本でも初期のエッセイ集を四冊出しています。どちらも今では絶版、講談社文庫では「トマトジュース」「二杯目のトマトジュース」は出版されていたのですが、こちらも現在は絶版です。この頃の方が今よりもセキララにご自身のこと、身の回りのことを語られていて、歩さんファンには興味深いものになると思います。古本市では単行本を一冊300円と、こちらは少し高めの価格設定で紹介しています。が、雑誌Arne(アルネ)のNo.3から11は一冊を100円で。過去のものを揃えたい方に。

料理写真やスタイリングに興味のある方には、パトリス・ジュリアンさんの料理書をどうぞ。例えば「パトリス・ジュリアンのカフェ」では、撮影を長嶺輝明さんが担当。べっちさんの本にも長嶺さん撮影の料理書があったような(タイトル忘れました、ごめんなさい)。洋雑誌COUNTRY LIVINGは季節を春夏に絞って大量に出しました。「カントリー」と聞いても、垢抜けないもさもさ感を抱かれる方が多いかもしれません。が、私からはこの雑誌をあえてプッシュ!「やっぱりアメリカ、本場は違う!」と唸るほどのインテリアや料理レシピが盛り沢山です。全部を真似るのは到底無理だけど、小物使いやクラフトなど部分部分のエッセンスを取り入れるくらいが実は調度良かったりするわけで、この雑誌はその手助けにもなります。掲載されている写真も是非御覧下さい。雑貨や料理の配置や撮り方の参考になります。こちらは全て一冊100円。

...と、ここで古本市延長戦のお知らせです!

まだ残っている本もあることですし、とオーナーさんのご好意で来週の水・木・金曜日の三日間、古本市の期間を延長することになりました。24、25、26日の13時から18時まで、祐天寺のcoffee carawayさんで青空古本市をやります。詳細はこちらをクリック!(http://coffeehour.exblog.jp/11350435/) 来週も引き続きよろしくお願いします:-)

最後に今日のおまけ、昼下がり。ひょっこりやって来たお客様を紹介します。

...more
by etcaetra | 2009-06-20 23:23 | ふりかえりがたり
今宵は大集会
午後三時に家を出て、いつもと違う道を歩いてみよう、と思い立つ。「前にここで猫を見かけたな」と期待していたら、一匹、二匹、三匹発見。その後、路地裏でもう一匹。商店街の里親募集の子猫を二匹。魚屋の前で一匹。帰り道に四匹。五時頃帰宅。二時間で、近所を歩いていて11匹も見かけるなんて!これまでで初めてです。新記録。

今夜どこかで猫の大集会があるに違いない。今年の会場は東京で、会議が始まるまでの自由時間を使って皆さん下町散策してるのね、などと妄想スイッチオーン。むはは。

b0189039_1573679.jpg


事務所に入れてもらえない茶色のモシャ子。扉の向こう側で働いているご主人も気になるし、通りを歩く人も気になる。常にキョロキョロしっぱなしです。それがまた可愛いんだなあ。

商店街までパンを買いに行っただけなので、行って買って帰るだけなら30分程度で済むはずなんですけど、今日は見かける猫それぞれを時間かけて撮っていたので二時間に。コンパクトのデジカメで焦点を上手く合わせられず、おかしな写真も多いです。こちらを警戒して逃げられる前に何とか撮る、これがやっとでした。汗。

で、肝心のパン屋さんなのですが...

...more
by etcaetra | 2009-06-19 00:26 | ふりかえりがたり
information
b0189039_291644.gif

ホームページのinformationを更新しました。http://kahoring.hp.infoseek.co.jp/information.htm

今年初めてフジフィルムの「PHOTO IS」に参加しています。お世話になってるお店の方に勧められるも締め切り間際だったので、その時一番心に残っている一枚を。東京会場での展示です。
by etcaetra | 2009-06-17 16:01 | 更新しました
青空お届け人
b0189039_1115651.jpg


今日は祐天寺へ青空を届けに行きました。

東京は梅雨の真っ只中。ゲリラ雨だって降るってのに、coffee carawayでは明日から雲の切れ間から青空が臨める予報。やや雲が多めですが、近くに飛行機も見えます。あ、晴れ間を見つけた鳥たちは、空を目指して籠から逃げてしまいましたよ。目標を見失った猫はふて寝、戦意喪失。

...という空間にしました。立体を作っては壊し、を繰り返し、搬入の日の朝に立体を平面に変更して作り直し。物自体の構造は簡単なのですが、いざ組み合わせて展示し始めると難しい。「この場所にこうやって」という絵を描いていたものの、実際に店内でその通りにやろうとすると「やっぱなんかちがうなあ」と。芍薬に似せて作った古新聞のコサージュは、写真や小物の鮮やかさと色の釣り合いが取れないので使うのやめました。諦めも肝心。

20日土曜日の青空古本市では、開店から売り子さんをしています。また「オレンジページ」や「LEE」の創刊号の参考出品を考え中。売り物ではありませんが、興味のある方は手にとって御覧下さい。「LEE」は、昔と今とで路線が全く違っていて面白い。お薦めです。
by etcaetra | 2009-06-16 23:06 | 写真まわり