人気ブログランキング |
カテゴリ:猫の手紙( 25 )
2010年2月14日の手紙
2010年2月14日の手紙_b0189039_10454320.jpg


When we encounter a natural style,
we are always astonished and delighted,
for we expected to see an author, and found a man.

自然な文体に出会うとき、
人はきまって驚きと喜びに包まれる。
なぜなら、予期に反して、
そこに一人の作家ではなく一人の人間を見出すからだ。

パスカル


2月28日はつまめる物を用意して小さくパーティを開きます。
お金は頂きません。誰でも気軽に遊びに来て下さいな♪
後日、改め詳細をお知らせいたします:-)

今日は、その28日に
アコーディオン演奏をお願いしている方が
猫ちゃん写真持参で展示を観に来て下さいました。
「ねこwithあこ」な写真も貼ってくれました。ナイス。

今日のキーワードはこちらから
by etcaetra | 2010-02-14 23:59 | 猫の手紙
2010念2月13日の手紙
2010念2月13日の手紙_b0189039_9491735.jpg


There is occasions and causes
why and wherefore in all things.

すべてのことには、
なぜ、または何のためにというように
理由と原因があるものだ

ウィリアム・シェイクスピア 「ヘンリー五世」


今日は誰かが来る予定もないし
天気もあまり良くないし
手紙を新しくして壁を撮ったら帰ろうか、と
思っていたらナダール同期のお友達。

猫を撮る人なので色々話していたら
時間が経つのなんてあっという間、楽しい一日でした。

いつの間にかドッと猫が増えていて
壁の下の部分を見てみると
「猫耕作」のスピンオフ作品などもあったりで
いつの間にやら「お笑い猫マンガ道場」と化しています。

でもね、それも良いし、それが良いかもね。
写真を使って伝えるのには色んな方法があるんだな、と
変化する壁を見ながら再認識しています。
貼り付けてくれた皆様、ありがとう。

猫のコラージュ「ねこらーじゅ(!)」は
会期完全最終日の来月の三日まで公開しています。
お気に入りの猫ちゃんを、どうぞ。

今日のキーワードとスピンオフ作品はこちらに
by etcaetra | 2010-02-13 23:59 | 猫の手紙
2010年2月12日の手紙
2010年2月12日の手紙_b0189039_163084.jpg

恋に恋するのは、見せかけに迷うこと。
恋に恋するのは、道化を演じること。
愛しすぎるのは、子どもっぽい絵そらごと。
人を信じすぎるのは、学校だけで習うこと。
月のきれいなある晩に、
わたしは恋に恋してしまった。
おろかなわたしは、
何にも見えていなかった。
わたしは恋に、永遠の恋に恋してしまった。
でも恋はわたしと気まずくなった。

Falling in Love with Love ( Lorenz Hart )



写真にあるのはコラボ展をする友達のイラスト。
可愛いでしょう!

19日から始まる後半二週間の展示の打ち合わせは
七時間半ほぼぶっ通しとなりました。
「そうだね!」と意気投合したり
「そうかな?」と議論したり
時間が経つのなんてあっという間です。

私が撮った猫を絵にしてくれているのだけど
なんと私も猫の仲間に加わっていました。
大好きな色の服を着て頬杖ついたりなんかして。
会場で是非探してみてくださいネ。

二月後半のコラボ展は19日(金)から
フォトカノン戸越銀座店ギャラリーで開催です。

今日のキーワードはこちらから
by etcaetra | 2010-02-12 23:59 | 猫の手紙
2010年2月11日の手紙
2010年2月11日の手紙_b0189039_23513273.jpg


雨音の 高まり落ち葉 降りしきり
(大峯あきら)



お休みの日にしては人が少ない商店街。
天気が悪いし寒いし仕方ない。
猫の看板も昨日今日と
お店の中でお留守番よろしく
ギャラリーから通りを眺めています。

今日は友達が持って来てくれた写真と
銀ちゃんをコラボして楽しみました。
いつもお店で鋏を借りているので
今後はマイ鋏を携帯した方が良さそう...
毎日ノッポさん状態です。
でっきるかな♪と歌いながらチョキチョキ。

今日のキーワードと姫路より参戦画像はこちらから
by etcaetra | 2010-02-11 23:59 | 猫の手紙
2010年2月10日の手紙
2010年2月10日の手紙_b0189039_23215260.jpg

Let us see, is this real,
Let us see, is this real,
This life I am living?
You, Gods, who dwell everywhere,
Let us see, is this real,
This life I am living?

Is This Real < Indian song >
(ポーニー族 出陣の歌)


夕方観に来てくれた友達との共通点はフランス語。
ドロップアウトして一年になる私は
彼らから喝を入れてもらいましたがな。
展示の感想も切れ味抜群です。スパっとな!

打たれっぱなしのまま飲みに入り情報交換。
久しぶりに酔いどれて千鳥足だったかも。
たまにはこんなのも悪くない。

今日のキーワードはこちらから
by etcaetra | 2010-02-10 23:59 | 猫の手紙
2010年2月9日の手紙
2010年2月9日の手紙_b0189039_23464339.jpg

ある集団を二つに分けると、
たいていどちらかが多数派でどちらかが少数派になる。
その場合の片方は二つのうちの一つであるから
the majority / the minorityは
定冠詞がつくことが原則となる。

正保富三
「英語の冠詞が分かる本 英語の冠詞の用法の「なぜ?」を考える」



大人三人集まって「企業戦士・猫耕作」で盛り上がっていると
クマさんリュックをしょった小さな女の子が入ってきました。
ギャラリーにある猫の写真を見て
自分で「入る」と中に入ってきてくれたそう。

夢のようです。
こんな風に伝わったら良いな、と思ってはいたけれど
本当にこうやって笑顔で観てくれるのがとても嬉しかったな。

猫の写真を印刷した名刺を渡したらとても喜んでくれました。
お母さんにお断りをして女の子の手元の画像を撮ったら
お母さんにも女の子にも喜んでもらえました。

写真ってこんなこともできるんだ!と実感した一日。

ここを見てくれてるかな?
撮った画像はプリントして
いつでもお渡しできるように携帯しますね。
なっちゃんとお母さんへ、ありがとうございました。

今日のキーワードと猫耕作(!)はこちらから
by etcaetra | 2010-02-09 23:59 | 猫の手紙
2010年2月8日の手紙
2010年2月8日の手紙_b0189039_0204172.jpg


感情に種類のあるように美にも多くの種類がある

ロダン(フレデリク・ロートン筆録)


七年前の「猫の手紙」展から続けてこれまで
個展になると必ず気にかけて下さる方、観に来てくれる方がいます。
今日はそのうちの一人と珈琲を飲みながら
「時が経つのは早いね」としみじみ。
初対面の時、小学生だった娘さんも今はカナダに留学中。
はやいはやい!この調子じゃ、あっという間に成人式だよ~。

友達を見送った後、コラージュの壁を見たら
見覚えのある大好きなニャンコさんを発見。あれれ?
振り返ったらご本人が...お会いできるとは!
写真の感想も嬉しかったです。ありがとうございました:-)

戸越銀座のアイドル銀ちゃんが
ブログで展示のことを紹介してくれました。嬉しいな♪見てね!
「戸越銀次郎ブログ」http://t-ginjiro.jugem.jp/?eid=287

今日のキーワードはこちらから
by etcaetra | 2010-02-08 23:59 | 猫の手紙
2010年2月7日の手紙

En tout cas, l'essentiel,
c'est de ne pas s'ennuyer,
de lire des gens qu'on aime ou qu'on deteste,
de pousser de cris de joie ou de colere.
Je crois que cela aide a declencher les pensees.

とにかく大事な点は
うんざりせずに
好きな著者の本も嫌いな著者の本も読んで
喜んだり怒ったりすることだ。
それが、自分の考えが生まれるきっかけになると思うよ。

Rogert-Pol Droit
La philosophie expliquee a ma fille

ロジェ=ポル・ドロワ
「娘と話す 哲学ってなに?」



夕方に顔出して、お客の振りをして(怪しいなあ)、
どうしたらもっと良くなるかを考えながら観てました。
お客さんの目当てはお買い物とプリントが主。
そんな人たちを展示までグッと引き寄せようとするのは、
私にとっては未だ難しい!奥が深いです。

猫に興味がない人を引き寄せるためには?
犬の写真を一枚混ぜちゃう?...
うーん、微妙にお笑い路線で、それはそれで好きかもよー。うはは。

今日のキーワードはこちらから
by etcaetra | 2010-02-07 23:59 | 猫の手紙
2010年2月6日の手紙
2010年2月6日の手紙_b0189039_071841.jpg


 詩人よ、
 きみの後ろに付いて行こう。
 だが、太陽の動きにしたがって、
 ぼくの影がきみを追い抜くことも
 一度ならずあるだろう。

 アラン 「太陽の動き」



コラージュの案内に「接着剤を用意しています」と書くところ
接着「剤」を接着「材」と書き間違えて軽く凹む。うーむ。
朱筆を入れてマイナス1点。
事の次第はお店に入って左手のご案内を御覧下さいな。

今日は友達が描いたニャンコさん、いらっしゃいませ。
「ひげを描き忘れた!」とメールがきたので
ほいほいほい、の、ほいほいほい、と描きましたとさ。
ほのぼのコラボレーションです。

今日のキーワードはこちらから
by etcaetra | 2010-02-06 23:59 | 猫の手紙
2010年2月5日の手紙

2010年2月5日の手紙_b0189039_06484.jpg


 私は山と野の村に育って、山と野を忘れていた。
 谷川べりに少女を見つけた。
 少女と二人で写真をとることしか、私は考えなかった。
 谷川を上り、また下って、写真の美しい背景となる
 岩や流れや木立を、私は毎日一人で捜し歩いた。 
 そうしてはじめて、風景の美しさを学んだたのであった。

 川端康成 「風景」



無事に初日を迎えることができました。
お客様の協力により、入り口の手紙スペースは
初日から素敵と不思議と難解ワールドの予感を醸し出しております。笑。
展示全体の様子はお店のブログからも御覧になれます。
photokanon blog http://blog.photokanon.com

これからお越し下さる皆様へ。
お気に入りの猫写真やイラストを一枚、二枚、連れてきてください。
入り口の壁面にコラージュスペースを用意しています。
マスキングテープや接着剤はこちらで準備しておりますので
どうぞお気軽に貼り付けて下さい。楽しみましょう!


 

今日のキーワードはこちらから
by etcaetra | 2010-02-05 23:59 | 猫の手紙