人気ブログランキング |
カテゴリ:写真まわり( 102 )
KPA キョウトフォトアワード 2013 優秀賞をいただきました
b0189039_20214473.jpg


今年二月から三月にかけて同時代ギャラリー(京都市中京区)で開催された「KPA キョウトフォトアワード 2013」、
アワード部門に参加した「草葉(くさば)の」は優秀賞(鈴木崇さん選)をいただきました。

アワードの存在を知ったのが二月初め、ツイッターのタイムラインにどなたかの「エントリーしました」の呟きを見かけたのがきっかけでした。正式にエントリーしてから搬入締切まで十分な時間が無いのは重々承知。アワードのために撮ることは出来ませんでしたが、前々から頭の中で撮ったものを思い浮かべては、「こんな流れで見てもらえたら」とあれこれ考えていたテーマがありました。それが「草葉の」です。どうしてもこの作品群を観てもらいたい、そんな想いでエントリーを決めました。

「忘れ花」展や「トレモロ」展(こちらをクリックで草葉の写真を展示してから、使用するカメラやレンズが変わっても撮り続けているのが草や枝葉です。家の近所や公園、駅の裏、河川敷で気になる草を見つけるたびに、しゃがんでファインダーを覗いてぶつぶつ言いながら撮っています。


b0189039_21491046.jpg


いつだったか、河川敷の手すりに一本の枝がひっかかっているのを見つけた時、「お爺ちゃんが川面を眺めてはる」と感じたことが転機でした。「ように」見えたではなく「である」と見えたのです。池に枯葉が浮いていれば「溺死だ」とか、そんな残酷な発想をすることもよくあります。花が咲いているのを見かければ、「満面の笑みやなあ」と笑いたい気持ちにもなります(実際に笑うと「草を見て笑う変な人」になるだけなので、実際には口角を上げるのが限界だけど)。

ポートフォリオをまとめるうちに見えてきたのは、「"草"を撮ろう」と思って撮っていないかも?ということでした…と言っても、「何を言いたいんですか、わたし?」と自問したい気持ちもあります。「人も草も同じやな」と感じ、ポートフォリオに添えたのは「人は、草葉のように生きている」というメッセージ。在り来たりかもしれないけど、最後の着地点はこれでした。

自分の郷里に、自分の好きなギャラリーに自分の作品があるのを観るだけでも感無量でしたが、優秀賞を頂いたことで背筋が一層伸びました。それでも表彰式の後、今回選んで下さった鈴木さんから「これを見つけて、これを良いと思って撮ったことが良いと思った」と言われた時に肩の力が抜けました。エントリーを決める以前、アワードを知るずっと前から、撮る時に「これ?これ!迷うな迷うな」とシャッターを切ってきて、最後にそういう言葉を直接頂けたことが受賞と同じくらい嬉しかったです。ここで止まらず次へ進みたい、と気持ちも新たになりました。ありがとうございました。


KPA キョウトフォトアワードのアワード部門の結果は以下のリンク先を御覧下さい。
ポートフォリオから四作品をアップしてもらっています。
http://foto-n.com/award/?p=941

今回選んで下さった鈴木崇さんのサイトはこちらから。 http://www.takashisuzuki.com/



受賞者は年内に展示をすることになっています。日時が決まり次第、こちらでお知らせいたします。気にかけて下さった皆様、短い準備期間に協力して下さったフォトカノンの皆様へ心より感謝申し上げます。ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
by etcaetra | 2013-03-14 23:14 | 写真まわり
KPA キョウトフォトアワード 2013 エントリーのおしらせ
b0189039_1501481.jpg


KPA キョウトフォトアワード 2013 のアワード部門にエントリーしています。
エントリーの年齢制限が引き上げられたタイミングでアワードを知り、急遽参加を決めました。

展示会場は同時代ギャラリー(京都市中京区三条御幸町・1928ビル1階)です。
「草葉(くさば)の」をテーマに額装一点とポートフォリオ(カラー四切・27枚)の展示です。
展示期間は3月3日まで、お近くにいらっしゃることがあれば是非ご覧下さい。


KYOTO PHOTO AWARD 2013 
foto-n.com/award/?p=728
(今回はニックネームではなく「八木香保里」でエントリーしています)

同時代ギャラリー
www.dohjidai.com/
京都市中京区三条御幸町南東角1928ビル1階 
Tel/Fax (075) 256-6155


いつか故郷の京都で写真を観てもらうことが夢の一つでした。
好きだったギャラリーで、その夢をやっと叶えられました。
いつか個展もしたいです。

三日の最終日は、帰省もかねて京都の会場へ向かいます。楽しみです:)
by etcaetra | 2013-03-02 01:53 | 写真まわり
Photoback Award 2012 審査員賞(甲斐みのり賞)受賞のお知らせ
e0214536_22192862.jpg


Photoback Award 2012にてBUNKO96で作った「とごしとわたし」が審査員賞(甲斐みのり賞)を受賞しました。気にかけて下さった皆様へ、ありがとうございました。心より感謝いたします。

12月個展、本来であれば文庫本にある写真を全て展示したいくらいの気持ちでしたが、さすがにそれは叶わない…というところで図録代わりにまとめたのがPhotobackの「とごしとわたし」でした。ページ数を最大に増やすことで、作りたい流れや伝えたい気持ちを形にできた満足の一冊です。

Photoback Award 2012にノミネートされた作品は、作品展として東京と兵庫で展示されます。東京会場は品川区のフォトカノン戸越銀座店(3/1-13)、兵庫会場は西宮のFRAME*(3/9-21)です。「とごしとわたし」もございます。是非お手に取って御覧下さい。


Photoback Award 2012 審査結果 
http://www.photoback.jp/contest/award/index.aspx

「とごしとわたし」はこちらから
http://www.photoback.jp/contest/home.aspx?contestid=2012001&pbid=PBER-1978821211261718480
by etcaetra | 2013-02-25 22:28 | 写真まわり
シマシマヤトーキョー 「井上尚之のうつわ」展のおしらせ
b0189039_944130.jpg



下北沢シマシマヤトーキョーにて、3月20日から31日まで「井上尚之のうつわ」展が開催されます。
展示DMの写真を撮影しました。

熊本にある小代焼ふもと窯の器、なかでもスリップウェアはどれも色の組み合わせや柄が面白く、撮るのがとても楽しかったです。DMにはスリップウェアのお皿の写真を使って下さいました。店舗や展示の詳しい情報は下記リンクより御覧下さい。

シマシマヤトーキョー http://www.shimashima-ya.com/

上にある写真は、フィルムで撮らせてもらったときの一枚。こんな感じも好き。
by etcaetra | 2013-02-19 14:09 | 写真まわり
つたえるばしょでわかちあう 写真と言葉の会 vol.2 「いつもの風景」
b0189039_8512297.jpg


相模原市「つたえるばしょ ひらや」での写真ワークショップ、二回目の開催が決まりました。3月22日(金)、10時半から13時まで。場所はお菓子焼き人きむらかよさん主宰のスペース「つたえるばしょ ひらや」(相模原市淵野辺)です。

今回は写真を通して「いつもの風景」について考えます。「いつもの」と言っても、その風景は人それぞれ異なるもの。今回は参加して下さる方にご自分が「いつもの」と感じる写真を一枚お持ちいただき、その場にいる皆さんと感想を交換しながらお話を進めていきます。

前回はカメラの操作についてお話したのですが、ワークショップを開く場所の性格に私の性格(!)も加味した上で、二回目は視点を変えて、かよさんからも了解をいただき、お菓子もテーマにあわせた内容にしてもらいました。


・・・


Kahoringワークショップ・つたえるばしょでわかちあう 
写真と言葉の会 vol.2「いつもの風景」

http://kahoring.exblog.jp/
http://www.flickr.com/photos/kahoring/

10時30分~13時
定員 8名
会費 4000円(オリジナルテキスト・テーマに合わせた、かよのおやつセット付)
        (3月より価格変更いたしました)
持ち物 ●普段使っているカメラ(種類は問いません)
    ●「いつもの風景」を感じる / 感じさせる写真
     (自分が撮ったもの、他人が撮ったもの、写真が載っている雑誌や本でも構いません)
    ●その写真を「いつも」と感じる理由(キーワードや箇条書きで構いません)

    ●筆記用具 
    ●ホームページやブログをお持ちの方はURLをお知らせ下さると嬉しいです。



二回目は写真を通して皆さんと「いつもの風景」について考えます。

「いつもの」と感じる風景は、人により異なるものです。
「いつも」という言葉には、平凡な意味合いが隠されているように感じることもありますが、
なんでもない風景にホッと安心したり、ハッと気づく瞬間が私にはありました。
「いつも」の景色には安心感もあるのでは?と考えるようにもなりました。

同じ一枚「いつもの風景」写真も、それを撮った人、観る人によって印象は異なるもの。
今回のワークショップでは、皆さんが持ち寄った「いつも」を感じる写真を見ながら、
感想を交換しながら、自分たちの身近に感じられる要素を探っていきます。

また、今回もかよさんのお菓子をセッティングした撮影の時間を用意しています。
盛り付ける姿、食べる姿、食べ終わった後の風景。
「いつも」の風景が作られる要素や過程を、
皆さんで気楽に賑やかにあれこれ考える時間にできたら良いな、と思ってます。

フィルムやデジタル、レンズ交換式やコンパクトなどカメラの種類は問いません。
「写真教室」というよりも「写真のことをみんなで話してみませんか?」という
お誘いのように捉えてもらえたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!



・・・


言葉にするとガッチガチなんですが、実際は少人数でテーブルを囲んで賑やかにやっとります。三月のひらやでは、甘夏ピールを作る会や保育のあるお料理の会、福島支援のお菓子を作る会もございます。

ひらやの場所など詳しい情報は、ひらやブログを御覧下さい:)

つたえるばしょ ひらや 三月のスケジュール
http://diary.papier.lomo.jp/?month=201302
by etcaetra | 2013-02-15 08:43 | 写真まわり
Photoback Award 2012 ノミネートのおしらせ
b0189039_2375268.jpg


昨年12月の「とごしとわたし」展のために作った文庫サイズの写真集が、Photoback Award 2013にノミネートされました。2012年のテーマは「わたしの定番」です。「本の内容と合うかも?」と応募してみました。アワードの概要とノミネート作品は下記URLより御覧下さい。

Photoback Award 2012 「わたしの定番」
http://www.photoback.jp/contest/award/index.aspx

ノミネート作品はこちらからどうぞ。
http://www.photoback.jp/contest/home.aspx?contestid=2012001&category=nominate
by etcaetra | 2013-02-04 23:11 | 写真まわり
PHOTO 2012、その後
b0189039_1148294.jpg


上目黒coffee carawayで昨年行われたイベント「コーヒーデイズ」(http://kahoring.exblog.jp/19307291/)で展示した写真のうち、この一枚は私の中で一番印象深いものとなりました。その後フォトカノンの企画展に出し、頂いた感想から、一枚の写真が持つ沢山の表情を知ることができました。戸越での展示が終わり、木製パネルをcaraway芦川さんに贈りました。

紙にプリントしたものは、人に手渡して直接間近に観てもらえるのが醍醐味でもあります。色んな人に自分の好きな写真を観てもらうと同時に、展示した写真をお渡ししたい気持ちがあり、今回この展示に参加しました。観てもらう行為はデジタルデータでも同じようにできますが、紙にプリントされたものには、撮影者の息づかいが間近に感じられるような気がしています。

私自身、写真に限らず作品展を観に行くと、パソコンのモニターで見るのとは違い、作品を目の前にのめり込み、気がつけば体力を消耗していることも多いです。「そのものが目の前にある」という状態から、何か感じ取れることがあれば嬉しい…という気持ちも参加した理由の一つです。目の前にそのものを見られること、手に直接取ってお渡しできること。当たり前だと思っていても、行動に移すことは少なくなっていました。今回の展示は、そういう点を見直す上でとても良い機会になったと思います。

この写真は「コーヒーデイズ」の企画内容を知った上で、いつもとは違う心持で撮ったものです。太陽は珈琲カップを上から覗くイメージ、この丸い形からは逃れられないな…という気持ちを込めました。写真の意図などはこちらにまとめてあります。

「 eternal shape 永遠の輪 ( とわのわ ) 」
http://www.flickr.com/photos/kahoring/8065865370/

私自身この一枚は好きで、新しい年になっても、どこかで撮るときに頭に浮かんだりします。あまりに好きすぎて、flickrでは三ヶ月の無料Proを利用して沢山のグループに入れたりもして、国外の人にも見てもらうことができました。

それでも、そろそろ区切りをつけて次へ。今年の暮れにも「これ!」と言えるものが一枚ありますように。まだ一月も終わってないけど、それくらいの気持ちで鼻歌うたいながら撮ってると、良いモン撮れるんだな。なんだかな~♪ 笑
by etcaetra | 2013-01-28 11:51 | 写真まわり
企画展「PHOTO 2012」 終了しました
b0189039_1504239.jpg


品川区戸越銀座にある写真店フォトカノン。
こちらの企画展「PHOTO 2012」に展示した写真が我が家に戻ってきました。
感想も沢山いただきました。ありがとうございました!

展示した写真パネルには、この後もうひとつ展開が。
「紙にプリントすると、こういうこともできる」の嬉しいかたちです。

どんな展開?それはいずれまた。


展示した写真はこちらからどうぞ。
2012年の一枚、私にとってはこの写真でした。

eternal shape 「永遠の輪 (とわのわ)」
http://www.flickr.com/photos/kahoring/8065865370/

企画展「PHOTO 2012」についてはこちらから。
http://blog.photokanon.com/?eid=1631908
by etcaetra | 2013-01-21 15:08 | 写真まわり
Kahoring Photo Exhibition #015  「 とごし と わたし 」 終了しました
b0189039_2392786.jpg


写真展「とごしとわたし」は19日20時をもって無事終了いたしました。
お越しくださった皆様、気にかけて下さった皆様、
フォトカノン戸越銀座店スタッフの皆様へ、心より感謝の花束を。ありがとうございました!

ARAXを手にしたのが昨秋、それから一年の間にPENTACON sixも加わり、
自分が住む街を正方形のファインダ越しに観察してみました。
暮らし始めてから今まで撮り続けることはあっても、
スクエアの風景は身近な場所でもなかなか慣れず悪戦苦闘が続きましたが、
そんな中で選んだ七枚は私にとって大きな宿題を提出するような気持ちでした。

それでもこれは通過点、変化するのは街も人も同じ。私の視点も変わり続けるはずです。
移ろう者同士のかけあわせで作り上げられる一枚一枚を、
これからも皆さんに楽しんでもらえたら嬉しいです。

今回展示した七点のうち草の写真は、過去にflickrにアップしています。
こちらも是非お楽しみ下さい。

untitled http://www.flickr.com/photos/kahoring/6519925129/
展示DM http://www.flickr.com/photos/kahoring/8152368215/


来年12月もフォトカノン戸越銀座店ギャラリーでお待ちしています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします:)
by etcaetra | 2012-12-31 12:02 | 写真まわり
和の発信スペース わなびば333
b0189039_2103520.jpg


東日本橋に新しくオープンした「わなびば333」を撮影しました。
和を基調にした子どもたちにも使いやすい空間は、この場所を営む呉服屋さんならでは。
和の発信が目的のスペースは、イベントやパーティースペースとしても活用いただけます。

b0189039_2224077.jpg

b0189039_223530.jpg

撮影で一番テンションが上がったのが、この畳のスペース。
丸や三角、四角のクッションは着物の布や帯で包まれたもの。
クッション全てがぴったりと収まるように作られていて
子どもたちの「お片づけ競争」も楽しそうだな~、なんて想像しながら
いつの間にか私も、撮影そっちのけで必死になって片付けてました。笑

b0189039_2275585.jpg


「わなびば333」の詳細は、こちらからどうぞ。
撮影した写真をホームページでも使っていただいてます。是非ご覧下さい。

わなびば333
東京都中央区日本橋3-3-3
http://www.facebook.com/wanaviva333
by etcaetra | 2012-12-31 12:01 | 写真まわり