人気ブログランキング |
カテゴリ:写真まわり( 102 )
六甲山国際写真祭のポートフォリオレビューに参加しました

b0189039_21464941.jpg
私の名前が「photographer」と共にある、名札を頂いた時はとても緊張しました



8月29日と30日、六甲山国際写真祭で開催されたポートフォリオレビューに参加しました。

私は写真を、例えば、大学や専門学校で時間をかけて学んだことがありません。写真を撮ること、関わることが私の職業ではありません。カメラの操作は今でも不安なときもあるし、自分なりの作法で撮り続けています。そういう人間が撮ったものでも、募集要項に則れば応募できるものなのかな…という気持ちから行動に起こすまで随分迷いましたが、思い切ってエントリーし、審査を通過しました。

六甲山国際写真祭の開催は今年で二回目、昨年の初回時には応募しませんでした。京都での展示と時期が近かったことと、「今の自分の写真では応募してはいけない」と思っていたからです。なぜ「いけない」と思ったのか、その理由を覚えていないのですが、そんな話をキョウトフォトアワードの中澤有基さんにお話ししたとき、「出してみたら良いと思う」と言われたことは記憶していて、今では彼の言葉が背中を押してくれたのだと思っています。ありがとうございました。

レビューでは、褒めて下さる言葉も厳しい言葉も両方いただきました。比率で言えば否定的な意見が多く、「これでは何が言いたいのか分からない」とはっきり教えて下さるレビュアーの方もいました。先に「つまらない」と言われた一枚に、別のレビュアーが「とても面白い」と言ったり、セッションは一喜一憂の連続でした。自力では分からない自分の弱点を知る機会になり、未熟な点が多くあることを痛感しました。


b0189039_23412578.jpg
私は、一日目は一人、二日目は四十分おきに連続して五人のレビュアーに見てもらいました
なかなかタフなスケジュールでした



一人で作り上げることも悪くないけれど、自分の写真に「本当にこれで良いのか?」と疑問を持った時、「私のことを全く知らない人が写真を見ても、伝えたいことがちゃんと伝わるんだろうか」という漠然とした不安も浮かんできました。友人知人が多く観てくれるのとは異なる環境で、自分の写真はどのように観られ伝わるのかを知りたい。それが「写真を内から外へ出そう」と決めるきっかけになりました。二年ほど前のことでした。

作品を批評されることは勇気が要ります。私の場合は、「自分の写真をより良くするために、できることやってみよう」と辿りついたポートフォリオレビューですが、皆さんに一様にレビューを受けることを勧めたりはしません。その代わりに言えるのは、自分の写真に疑問を持ったり、違う側面から自分の作品を解釈してみたいと感じた時に、ポートフォリオレビューは有効な手段の一つになるということです。私自身、レビュー直前に心身落ち着かない出来事があり、六甲山のセッションを受けることは相当迷ったのですが、「他人に見せること」と「自分を貫くこと」の間でバランスをとりながら、迷い、考え、形にしていく過程から学ぶことは多かったです。恐らくこの「過程」を経験することが、私にとって一番大切だったと感じています。

さて、次はナダール東京での個展です。レビューで得たことを、出来る限り見える形につなげます。また私の個展が植物写真の楽しみを伝える機会になれば、とも思います。これからも作品を観てもらえたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。







by etcaetra | 2014-09-12 00:00 | 写真まわり
展示のお知らせ
b0189039_1513234.jpg


2014年も下半期に入り、展示などの準備を少しずつ始めています。
7月4日現在で決定しているスケジュールをお知らせいたします。




・ ・ ・




「 ここにあること 」
2014年11月11日(火)-23日(日)
ナダール東京 (港区 南青山) http://nadar.jp/

「 わたしについて 」
2014年12月5日(金)-17日(水)
フォトカノン戸越銀座店ギャラリー(品川区 戸越銀座) http://www.photokanon.com/

「 ブーケ 言葉の花束 」
2015年2月11日(水)-22日(日)
トコリエ (大田区 長原) http://tocolier.com/



・ ・ ・




「ここにあること」は、ナダール東京の企画展「めざせ個展」にて頂いた展示の機会です。
東京では初めて植物の写真で個展をすることになりました。

「わたしについて」は、八木を含めた十人でのグループ展です。
「自分について話すとき、写真を一枚持ってきて下さい」と言われたら…をテーマに
各自が写真を一枚選び、展示します。ポートフォリオも用意します。
こちらは展示終了までの様子をブログでお知らせしようと思います。

「ブーケ 言葉の花束」は、写真と言葉を一つにした展示です。
過去に残した言葉や、展示のために新しく書いたものと写真をあわせた内容を考えています。



・ ・ ・




また、8月末に行われる六甲山国際写真祭のポートフォリオレビューに参加する予定です。
レビューのセッションは非公開ですが、オープンポートフォリオビューイングがあります。
日時は8月30日(土)16時半から二時間、会場は六甲山YMCAです。

RAIEC 六甲山国際写真祭 http://rokkophotofestival.com/



・ ・ ・




現在決まっている予定は以上です。公募展などちょこちょこ参加することもあるので、
こちらはまとめてブログのトップに表示しています。
見かけることがあれば、楽しんでもらえたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


八木 香保里




by etcaetra | 2014-07-04 09:00 | 写真まわり
6636 SQUARE FORMAT 04 展は終了いたしました。
b0189039_3255634.jpg
forward
向こう側へ、けやぶります。



・ ・ ・ 




6636 SQUARE FORMAT 04 展は会期を無事終了いたしました。


今年も前の二回同じく、「forward」をテーマに出展しました。
東京某所、待てど暮らせどやって来ないエレベーターに嫌気がさし、
仕方なく階段をあがっていたところで目の前に現れた光。
向こう側へ行ってみたい、そんなことを感じながら撮った一枚です。


今回展示した写真はflickrでも観ることができます。ぜひ御覧下さい。

forward 
https://www.flickr.com/photos/kahoring/14373996814/


南青山の会場へ足を運んで下さった皆様、気にかけて下さった皆様、展示でご一緒した皆様へ、
心より感謝の花束を。ありがとうございました。
by etcaetra | 2014-06-09 00:00 | 写真まわり
「めざせ個展」は会期を終了しました
ナダール/東京(港区南青山)で開催された「めざせ個展」は、会期を無事終了いたしました。投票にて、八木の「ここにあること」が一位をいただき、この秋ナダール東京で個展を開催することになりました。開票結果は以下のURLから御覧下さい。http://blog.nadar.jp/index.php?itemid=2290#more

展示へ足を運んで下さった方々、気にかけて下さった方々、投票や感想をお寄せくださった方々、展示でご一緒した九人の作家さん達、プリントでお世話になったフォトカノン戸越銀座店のスタッフの皆さん、ナダール東京の林さん&早苗さん、展示に関わる全ての皆様へ、心より感謝の花束を。ありがとうございました。



b0189039_22304635.jpg



親族が暮らす福島県は、年に一度は足を運ぶ身近な場所です。「様々な条件下にある植物を自分なりの視点で捉えたい」と思い、今年は福島県の浜通り地区へ向かいました。復興が進む場所にも、無人の荒れ果てた場所にも、ふと目を向けると草や花がありました。

過酷な境遇を受け入れるしかない植物にも、 それを撮る人にも、平等に与えられる運命を知ることとなりました。人と植物、この二つに共通する「運命」とは何か。それを「ここにあること」の六枚で表現しました。ブックは「草葉の」と「ここにあること」の二つのテーマを軸に作成しました。

一人で自分の写真を展示した最初が2002年、それから干支が一回りする間に、カフェの壁や他業種と併設されたスペースをお借りしての展示を続けました。昨年キョウトフォトアワードで優秀賞を頂き、京都でギャラリースペースを木村華子さんと分かち合いました。そして今年初めて、一人でギャラリーで展示します。12年前の私には想像もつかない展開だと思います。

ナダール東京での個展会期は、11月11日から23日までの二週間です。昨年制作した「草葉の」からの一年間で見つけたり改めたりした視点が数多くあり、結果「ここにあること」が生まれました。「めざせ個展」で観てもらった「ここにあること」のその後もぜひ御覧下さい。

最後に今回の展示のステイトメントを紹介します。



 「 ここにあること 」


 産んでくれ、と頼んだ覚えはない。

 こんな台詞を一度は見聞きしたことがあるだろう。
 誕生の仕組みを端的に表す言葉である。

 人は、人の形を成す前から命を欲することはない。
 「生を受ける」という言い方にもあるように、
 命あるものは全て
 自身でない何かに生きるきっかけを授かる。
 いづるものにとって、それを拒むことはできない。

 ひとりを尊び、誰かと分かち合い、多勢に群れる。
 自由なときも、捕われるときもある。
 様々な境遇を受け入れる草木にも、
 それを撮る自分にも、平等に与えられる運命がある。

 わたしたちは生きる旅。
 ここにあること、ただそれだけで。

 身空に委ねる草木のように、人もまたここにある。




これからも色々と撮っていきます。見かけることがあれば、「あの人、また何かやらかしてる!」と面白がってもらえたら嬉しいです。二週間、ありがとうございました。11月もナダール/東京で写真を観て下さい。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます!
by etcaetra | 2014-04-03 22:49 | 写真まわり
WONDER BOX VOL.1 & ZINE/BOOK GALLERY! 2013 出展のお知らせ
b0189039_2433233.jpg


EINSTEIN STUDIOが企画するWONDER BOX VOL.1で作品を販売します。出展するのは「eternal shape 永遠の輪(とわのわ)」、エディションつきです。WONDER BOXのスケジュールは以下の通りです。

11月23日-24日 アートフェア札幌2013(クロスホテル札幌)
11月29日-12月1日:シンガポール アートブックフェア(シンガポール・ギルマンバラックス)
12月2日-23日:Web Wonder Box(WEB上での販売)

「eternal shape」は目黒のcoffee carawayさんからの依頼がきっかけで撮影したものです。多摩川で撮り、目黒のcoffee caraway、戸越銀座のフォトカノン、京都のGALLERY 9 Kyotoを経て、札幌とシンガポールを旅する草写真。私が代わりに旅したいところですが、ここは写真に頑張ってもらいましょう。

アートフェアの詳細につきましては、以下のURLを御覧下さい。

アートフェア札幌2013 http://www.artsapporo.jp/fair/ (会期終了)
シンガポール アートブックフェア http://theufactory.com/events/singapore-art-book-fair/


・・・


宝塚メディア図書館主催の「ZINE/BOOK GALLERY! 2013」に応募した写真集が入選しました。来年の1月31日まで図書館内に展示されています。お近くにお寄りの際には是非足をお運び下さい。

入選作品・招待作家作品展示
日程:2013年11月20日(水)〜2014年1月31日(金) ※休館日を除く
時間:12:00〜19:00
場所:宝塚メディア図書館 宝塚市逆瀬川1-13-1カルチェヌーボ(旧アピア3) B2F
Tel.0797-76-5720 Fax.0797-76-5725

展示の内容などにつきましては以下のURLから御覧下さい。
ZINE/BOOK GALLERY! 2013 http://medialib.jp/zine2013/even/
by etcaetra | 2013-11-23 00:00 | 写真まわり
八木香保里 写真展 #017  「黎明」
b0189039_341069.jpg





誰もが同じ一つの
「時」という名の道に在る

振り返る
先を行く

目の前にある道を 

どのように歩んだか
どのように歩もうか




・・・





三月四日、午後。

真っ直ぐな光が差し込む様子に、この先に起こる変化を見るような思いになりました。止まらない「時」の道に誰かがそっと手を差し伸べて、私を導いているようにも見えました。動く歩道のように一方向へ進み、その一方向を「時の行く先」だと感じていました。未来へ進む道なのだ、と。

しかし、目の前にあるその道が、自分が振り返ったときに見えた景色だとしたら…そう考えた途端、差し込む光が自分の成し遂げたことの証になりました。過去に自ら決断した瞬間から光が伸び、「今」という点にある自分の足元へ辿りつき、背後にある未来へ続いているように見えたのです。

私たちは自身や周りの変化から「時」を間接的に捉えることはできますが、時を形あるものとして捉えることができません。触れることも、そのものを見ることもできません。今回の展示ではきっかけになった一枚の写真を中心に、私がこれまで歩んだ「時」と私がこれから歩もうとする「時」を、光で目に見える形にしようと思います。

私自身の「時」ですから私小説の趣があるかもしれませんが、展示では写真に詳しい説明を加えません。御覧になる方それぞれがお持ちになる「時」と、目の前にある私の「時」の風景を重ね合わせてみて下さい。過ぎ行く時の流れを思う機会になれば幸いです。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。




・・・




八木香保里 写真展  #017
「 黎 明 」


2013年12月6日(金)-12月18日(水) 
( 平日9:30-20:00 / 土日祝10:00-20:00 / 木曜休 )

フォトカノン戸越銀座店 ギャラリー
東京都品川区戸越2-1-3
03-5498-1641
http://www.photokanon.com/

都営地下鉄浅草線・戸越駅
または東急池上線・戸越銀座駅より徒歩。
店舗は戸越銀座商店街の中(南側)にあります。



個展DMございます。御希望の方はメッセージでお知らせ下さい。
こちらからお送りいたします



by etcaetra | 2013-10-17 21:36 | 写真まわり
KPA キョウトフォトアワード2013 グランプリ展&優秀賞展のお知らせ
三月にキョウトフォトアワード2013にて優秀賞に選んでいただき、このたび京都で写真を展示する機会を頂きました。詳細をお知らせいたします。



KPA キョウトフォトアワード2013 グランプリ展&優秀賞展


KYOTO PHOTO AWARD 2013 (http://foto-n.com/award/)
グランプリ展&優秀賞展 詳細 (http://foto-n.com/award/?p=1066)


Exhibition A (グランプリ展)

藤生恭平 「働く労働者」
2013年10月1日-13日(月曜休)
galleryMain (http://www.gallerymain.jpn.org/)
京都市下京区寺町松原下る植松町 731-1 小林ビル 4F

Exhibition P (優秀賞展)

前期(2013年10月1日-6日)
木村華子 「the end of THE BEGINNING, is the beginning of THE END.」
八木香保里 「草葉(くさば)の」

後期(2013年10月8日-13日)
みやび 「空」
fujihiro 「あたりまえのこと」

前期・後期ともに会場はGALLERY 9 kyoto (http://www.ga-q.com/)
京都市中京区寺町通四条上ル東大文字町311-1プリントQ2F



10月1日より、キョウトフォトアワード2013のグランプリ展と優秀賞展が開催されます。グランプリ展(藤生恭平さんの個展)はgalleryMain(京都市下京区寺町松原)にて二週間、優秀賞展はGallery 9 kyoto(中京区寺町四条)にて二週間(受賞者四人が二人で一週間ずつ)の展示です。

八木はExhibition Pにて、木村華子さんと前半の10月1日から6日まで展示します。内容は受賞作の「草葉の」より選びました。これまで手がけたなかで一度に展示する枚数が一番多く、その全てを額装することも初めてです。また、今回は会場にてプリントを販売する予定です。

b0189039_2221592.jpg


会場が京都なので、フライヤーは関西を中心に配布されていると思います。私の手元にもありますので、興味ある方いらしたら声かけて下さい。関東でも見かけることがあれば、ぜひお手に取って御覧下さい。「置かせて下さい」とお願いする前に、既にフォトカノンさんに置いてあったのには驚きましたが(ありがとうございます!)。

設営日から前期を終えるまで京都におります。会期中はなるべく在廊したいと思っています。初秋の京都へぜひ足をお運び下さい。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます:)
by etcaetra | 2013-09-08 22:27 | 写真まわり
八木香保里 写真展 #016  「橋が架かる」
b0189039_0261824.jpg





橋が架かる
夏の合図





・・・





八木香保里 写真展 #016 
橋 が 架 か る

2013年8月14日(水)-31日(土)(日月火曜はお休み)

coffee caraway
東京都目黒区上目黒5-32-4-1F
13:00-18:00 (日月火曜はお休み)
http://c-caraway.com/





・・・





昨夏のこと。
何の計画も無く、ふらりと訪れた材木座海岸。

あちらとこちらを行き来する時に
遠回りして陸地を伝わなくてはいけない川に
橋が架けられていました。

夏が来る、橋が私にそう告げるのです。



・・・



coffee carawayさんでの四度目の夏の展示です。

今回展示する写真は、昨年flickrなどWEB上で
既に公開しているものが多く含まれますが、
紙にプリントした状態でもう一度観てもらいたいという考えを
carawayさんの壁をお借りして形にすることにしました。

小さな写真を横一線に、
走馬灯のように移ろう夏の景色をお楽しみ下さい。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。





b0189039_1485641.jpg

DMご希望の方は、コメント欄にてその旨お知らせ下さい。
数に限りがございますので無くなってしまったらゴメンナサイ。


by etcaetra | 2013-07-01 10:08 | 写真まわり
6636 SQUARE FORMAT 03 66人展は終了いたしました。
b0189039_1214769.jpg


6636 SQUARE FORMAT 03 66人展は会期を無事終了いたしました。

ブローニーで撮るきっかけとなった展示に昨年今年と参加して、前回と同じく今回も、終わった頃に思い出すのは渋谷での6636展のこと。渋谷で展示を観たことがきっかけで中判のカメラで撮るようになり、個展やポートフォリオでも6×6の写真がメインになることが多くなりました。

渋谷の展示を観に行ってなかったら、今どんな風に撮ってるかな?と想像するのも、昨年の会期終わりと同じ。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、6636展は私にとって「人生なにが起こるかわからない」と思わせる出来事の一つでもあります。

ギャラリーへ行くたび、「いろんな写真があるんやな」と思いながら展示を観ていました。そのうち「いろんな人がいるんやな」と思うようになりました。シャッターを切るのは人やからなあ、と改めて実感しています。私の写真がどんな風に見えていたのか、感じられたのか…頂いたコメントを楽しく読ませてもらっています。

南青山の会場へ足を運んで下さった皆様、気にかけて下さった皆様、展示でご一緒した皆様、まとめ役の青鹿さんへ、心より感謝の花束を。ありがとうございました。

今回展示した写真はflickrでも観ることができます。ぜひ御覧下さい。

forward 
http://www.flickr.com/photos/kahoring/9015037296/



b0189039_122538.jpg



写真は展示した写真の一コマ前のものです。これを撮った直後、見知らぬ人が目の前にやってきて、展示写真のような風景になりました。グッドタイミングって、あるものなんですね:)
by etcaetra | 2013-06-12 11:00 | 写真まわり
6636 SQUARE FORMAT 03 66人展
b0189039_1365396.jpg


6636 SQUARE FORMAT 03 66人展

2013年5月28日(火)-6月9日(日)
12時-19時
※6月3日(月)休廊 最終日は16時まで

Nadar Tokyo 東京都港区南青山3-8-5 M385 BLDG #12
Gallery 晴れ  東京都港区南青山3-8-5 M385 BLDG #11



Nadar TokyoとGallery 晴れの二会場を使い、66人のスクエアフォーマットの写真展を開催します。今年も参加させてもらいました。タイトルとキャプションの半分は昨年と同じなのです。なぜ同じなのかは昨年の写真を見たら分かるような、分からないような…今回は秋に撮影したお気に入りの一枚を出展しています。

昨年の6636展でお出しした写真はこちらから。 http://kahoring.exblog.jp/18497581/

私の写真はGallery 晴れにあります。展示作品のそばに名刺、ブックは「草葉の」と「とごしとわたし」を置いてます。昨年作ったZINE二冊もございます。ぜひお手に取って御覧下さい。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
by etcaetra | 2013-06-02 11:00 | 写真まわり