人気ブログランキング |
写真反省文 「パン焼きの日」
まずはこちら(http://kahoring.exblog.jp/11425148/)を読んでから。

b0189039_1402162.jpg

先日の料理教室で、フィルムカメラで撮ったものです。天然酵母でパンを焼くクラスだったので、主役のパンにピントを合わせ、前菜はぼかしてみました。でもなあ、何だかちょっと変。食べ物全てにピントが均一に合っている方が自然に感じられるかも。テーブルを撮った中では、この写真が一番明るかったです。これでも。

b0189039_1405688.jpg

こちらは料理にピントを合わせてみましたが、逆光なので影が黒々。「その場の雰囲気を伝えたくて」と言えば、それらしく聞こえるかな?ははは。食欲をそそらせる色合いではないです...が、料理そのものは色鮮やかです!キューブに切ったトマトにアボカド、きゅうりがモザイクみたいでカラフル。けいこさんの写真を是非見て下さい:-) http://umikurashi.exblog.jp/10547393/

b0189039_1421399.jpg

飲み終えた珈琲カップをずっと気になっていて、帰る間際にささっと撮らせてもらいました。セッティングしなおさずテーブルに置いてあるままのわりには、自分としては上手く撮れたほうです。リネンの赤いラインとカップの位置が気に入っています。この手の写真には苦手意識があるので、偶然にしてはよく撮れていて嬉しい。

b0189039_1442682.jpg

失敗した花の写真、一枚目。テーブルクロスの赤いラインよりも花をもう少し奥へ置いて、向こう側にあるゴブレットやカップはどかした方が良い。花だけに集中して、もう一枚撮れば良かったな、とも。ゴブレット群は随分ぼけて写っているけど、無い方がすっきりして私の好み。

b0189039_1452496.jpg

失敗した花の写真、二枚目。縦写真で奥行きが感じられる分、ゴブレットもカップもある方が良い。が、いかんせん花にピントが合っていないという致命傷。花瓶の下半分と周辺のテーブルクロスにピントがきています。遠目や画像では分かりにくいけど、プリントそのものを間近に見たらすごく中途半端。背景もあまりぼかし過ぎない方が良かったかも...うーむ。

苦手な物を撮った時ほど見直す作業はしんどいものですが、「自分の未熟な部分が確認できる」と考え直して自分で自分を励ましています。フィルムカメラではデジタルのように、撮ってすぐどんな絵になっているのか見直しはできませんが、「見直せない」というその緊張感がまた良いのかも?...と考えてもみましたが、やはり見直せたら良いに越したことは無いな。とにかく今後も頑張りまーす!
by etcaetra | 2009-07-11 01:00 | 写真まわり
<< 祐天寺に青空を ささのはさらさら >>