旅する珈琲フォルダー
b0189039_23372843.jpg

いつもお世話になっている上目黒のcoffee carawayさんで五月から販売されているオリジナルの革フォルダー。革作家のonganさんが手がけられ、表にはカップに雫が落ちる模様が入り遊び心のある雰囲気。私もキャメルを愛用しています。coffee carawayさんの実店舗やオンラインショップで購入できます。
http://shop.c-caraway.com/?pid=31722615

先月その商品の撮影をしたのですが、「使用感が分かる写真があっても良いな」と思い、今日は自分が実際に使っているフォルダの写真を紹介します。画像によって明るさや色合いが異なるので、違うものに見えるかもしれません。色々な表情があるのね、ということで。ふふ。

b0189039_23374038.jpg
サイズはB6、フォルダにしては見慣れないサイズかもしれません。初めて見たときは「普段使うものより小さめだし、使う機会ってある?」と思ったのですが、今では鞄に必ず入っています。財布や鍵、スケジュール帳はまとめて小さなバッグに入れて鞄の中に入れているのですが、その鞄自体が丸々ぱんぱんに。スケジュール帳やメモ、絵葉書など書き物に関係するものは、関連する物を一緒に取り出したいことが多いので、革フォルダでまとめてしまうことに。

普段使っているメモの大きさがフォルダの大きさとほぼ同じだったので、大きくはみ出ることなく収まるのも気に入っています。お薦めは月光荘のスケッチブック、一番小さいサイズ。月光荘の店員さんにお見せしたら「良いですね!」と太鼓判いただきましたヨ。フォルダの大きさに合うんです。厚さもちょうど良い。


b0189039_2337595.jpgb0189039_23371831.jpg


旅先での革フォルダの様子を少し。新幹線や特急で長時間座っているときはスケッチやメモ、勉強することが多いので、書き物セットとして一まとめにして座席のポケットに入れてます。検札が来るので、前もって切符をしまっておくこともあります。鞄からがさごそ出すのが面倒なだけなんですけど、フォルダに挟んでおくとサッと取り出せて便利です。


b0189039_23374939.jpgとにかく私は鞄の中に色々と入れておかないと落ち着かない人なのです。ポータブルプレーヤーに本は必ず入っています。それに加えて、降りそうな日には折り畳み傘、暑い日にはペットボトル、撮影日にはカメラにレンズ…がさごそしまくってどうしようもない私の鞄。忘れないように書き残すことをもっと簡単にできないものか、と思ったところでこのフォルダが登場。展示会のDMや招待状を挟むこともあります。サッと取り出せる幸せ(ここで、鞄の中身を見直したら?というツッコミが聞こえてきそうだけど、気にしない気にしない)。

使い方は本当に臨機応変です。薬を飲まなきゃいけなかった時には、外出時でも忘れないように薬を入れた袋と飲み方メモも一緒に挟んでいました。病院の予約表や処方箋を挟んで移動していた時期もあったし、デザインが気に入ったDMを見つけた時は折れ曲がらないように手帳、革フォルダの二層で完全防備したり。笑。



革製品は使い続けて色や手触りの変化を楽しむのも醍醐味。来年また紹介しちゃおうかな。どうぞお楽しみに:)
[PR]
by etcaetra | 2011-06-25 00:04 | ふりかえりがたり
<< KahoringLiving ... 写真の日によせて 2 >>